周気堂の特徴

周気堂の特徴

治療室について

受付けは接客対応をしません
当治療室院長は優しくありません。
真剣に治す気のない患者さんには強く叱ります。もし受付で不愉快な対応を感じたときは、すべて院長の意向です。患者さんの多くは、症状、痛みを強調すれば自動的に治るものと騒ぎ立てます。
人の説明を聞きません。症状に対して原因を推理、診断して初めて治せるのですが、症状を強調するだけで診断させません。
近年、医療においてお客様扱いをされないと不満を抱く人が増え、病院、鍼灸院でも「患者」を「患者様」と呼ぶようになりました。それが医療でしょうか?
自身の病気はお客様としてサービスを受けるための取引商品ではないのです?当治療室は患者さんをお客様とは言いません。自分をお客様扱いされたい方はお引取りください。
患者さん側の治療に対する謙虚な受入れ体制ができてなければ、治すことができません。
これが当治療室の治療理念です。病気、障害は、これまでの自身の身体、生命を見直し、正しい心身のあり方を学ぶ貴重な場です。
受付けの対応について
もし、受付けの初診時の対応に不満があるときは、99%患者さんの治療を受ける姿勢に問題があります。病者、痛みを持つ人がなぜ、そんなに傲慢になるほど偉いのですか?近年、説明をしても返事さえしない非礼な患者が横行しています。
小学生患者さんの方がみな礼儀正しいのです。
病気、障害を治すのは、治療家の力ではありません。
あなた自身の治癒力が治すのです。その治癒力を100%発揮できるように探求するのが治療家の役目です。治療の主体は患者さんですから協力する気のない人を、なぜ治療家が治さなくてはならないのですか?
ここは真剣に協力し合って、治すところです。治るかどうかはあなたの対応次第です。
周気堂治療室(本院)、新横浜はりセンター(分院)は共に、半身症候鍼灸と律動法の創始者が院長をしております。
※院長は周気堂治療室(本院)で診療をおこなっています。
現在、本院では半身症候鍼灸のみ、分院では半身症候鍼灸または律動法で治療しています。
診療をご希望の方は、「診療をご希望の方」をご覧になった後、御来院ください。

診療の特徴

律動法方式のはり 半身症候鍼灸
律動法方式のはり 半身症候鍼灸
律動法より生まれた鍼灸法で、半身症候鍼灸と言います。
はりといっても、一般の鍼灸院ではほとんど使用していない極細のはりを、約1ミリくらい、しかも1~2箇所、後頭部の皮膚に刺すだけです。普通は刺したことに気づかないくらいの感覚です。
中学1年生までは、気針を採用しますが、時には、小学生でも本人がこの実際の鍼を受けたいと思うくらいほとんど無痛です。この治療以外は何もしていません。
体と心の障害が確実に最も早く回復するためには、この治療法のような全身組織が統合的に機能回復する方法が必要です。難病においてはなおさら欠かせないととらえます。
人体構成上最も重要な脳・脊髄と、筋肉骨格系、内臓系、頭蓋骨が完璧に調整されますから、当然各種の障害、難病に対し目覚しい効果を上げることができます。
現在、本院(周気堂治療室)においてはこの半身症候鍼灸を広く世の鍼灸家に紹介するためもあり、この治療法だけを行っています。
気ばり(気針)
気はり(気針)これは金属でない気でつくる針を、1~2箇所刺すものです。
当然手も金属も触れないのですから、全く物体が接触した感覚はありません。中学1年生以下の子供、乳児、うつ伏せになれない成人、あるいは犬・猫のペットの治療に使います。効果は全く金属の針と同じです。
気鍼による犬の治療1-R天柱・脳戸2穴
気鍼による犬の治療1-R天柱・脳戸2穴
気鍼による犬の治療2-脳戸1穴
気鍼による犬の治療2-脳戸1穴
律動法(生体律動法調整法)
効果は半身症候鍼灸と全く同じですが、現在、周気堂治療室ではしておりません。分院の信身治療センターでのみ行っています。
腰椎5番の上に軽く手を置く事で律動調整を行い、そのことで全身のあらゆる疾患に対して最高の効果を上げることができます。
透視診断法
透視診断
茂木院長の治療の特徴のひとつに、体内の透視診断があります。
全身の体内組織・脳・内臓・骨格の透視診断をします。
内臓・骨格・それと特に脳に関する障害の治療、及び全疾患に対して脳・脊髄の中枢レベルから診断・治療する特徴があります。
感染症
ほとんどの体の障害に常在性の全身性感染症がかかわり、時に急性に流行する感染症が原因で、全身の関節炎による疼痛が近年増加していますが、これらの大部分が病院医療で診断されず、相手にされていないものばかりです。
アトピー、喘息、内臓疾患、難治性の腰痛等多くの体質的あるいは慢性疾患の原因ともなりますが、これらに対しても感染症の診断法により確実な効果を上げています。
各種の関節症から五十肩にいたるまで、X線、MRIで検出できない微細骨折(マイクロフラクチャー)が主因となる事が非常に多いのです。
微細骨折の診断法や感染症の診断法は治療家対象のセミナーでも重要なポイントとして指導しています。
脊髄腫瘍
難治性の腰痛、難治性の頚肩腕症候群のほとんどがX線・MRIで診断が不可能な薄い層の脊髄腫瘍がかかわるケースが極めて多いのです。

早い回復のために

早く治るコツ
自分のからだを信頼する!
自己のからだを信頼することに勝る薬・治療法はありません。
痛み、症状について(痛み・症状は自己修復しようとするための生体反応です)
痛みには2種類あります。
異常事態を知らせるサイン 心身に問題が生じている痛み。
この警報により、危険を回避したり休養をとることで、体は回復を図ろうとしています。
からだが良くなっているときの痛み
回復過程で起きる痛み...回復に伴い、知覚神経も回復することから、回復前に鈍磨されていた知覚神経が正常に感じるようになって起きる痛みです。
これは痛みがあっても体全体の体力は向上しています。
痛みを消すことだけを求めていては、慢性疾患は治りません
痛みを消すことだけを求めたり、目的にしている治療では、一時的解消の繰り返しで、慢性疾患は治ってきません。
慢性的障害を訴える人の多くがこのケースです。
鍼灸を含め多くの治療家も、そのような一時的解消を治療と誤り、慢性疾患が完治しないことで悩んでいる方が多いのが現状なのです。
早く治るために
痛み、症状を冷静に観察し、治るための働きであることを認識する
なぜ痛みが発生しているのかを知ることです。
このことで心の安定が図れます。つまり治るために最も重要な脳の治癒機能を活発にできるからです。
治りにくかった人
痛み、症状を憎み、その苦痛を周囲に訴え、被害者意識を持つ人
見当違いです。
自己の治癒力を信じないのですから、からだが回復しようとしないのです。
そのうえ脳の治癒機能までもが混乱と低下をきたしています。
お問い合わせはこちら
pagetop
045-531-2716 045-595-9994