MENU

「紙製マスクに注意」鼻部に当たる部分金属の影響!

紙製マスクのかけ始め、息苦しく感じるはずである。時間が経つと慢性化して気にならなくなる。次にマスクをかける当初はまた息苦しくなるはずである。次の実験をしてください。①マスクをかけずに静かに深呼吸をしてみましょう。②次に、マスクをかけて同じく深呼吸をします。このとき呼吸が深く吸えなくなっているはずです。③今度は、①のマスクを外した状態で、もう一度深呼吸をしてください。確実に呼吸が深くなるでしょう。あるいは旧式のガーゼのマスクをして深呼吸をしてみます。紙製マスクとは異なり深い呼吸ができるはずです。○紙製マスクをかけている時間中、我々の体は酸素欠乏の状態が続きます。その時間、体は疲労が加わり、全身の機能低下状態が続きます。○紙製マスクの改善法は簡単です。鼻部に当たるマスクの上縁に入っている金属を取り除けばよいのです。金属部分の縁のところをカッターナイフで切れ目を入れて金属を抜き出します。あるいは爪先で強く切れ目を入れても取り出せます。これで安心して紙製マスクを使えます。