MENU

半身症候鍼灸と気の治療法・律動法

律動法方式のはり 半身症候鍼灸

律動法より生まれた鍼灸法で、半身症候鍼灸と言います。はりといっても、一般の鍼灸院ではほとんど使用していない極細のはりを、約1ミリくらい、しかも1~2箇所、後頭部の皮膚に刺すだけです。普通は刺したことに気づかないくらいの感覚です。中学1年生までは、気針を採用しますが、時には、小学生でも本人がこの実際の鍼を受けたいと思うくらいほとんど無痛です。この治療以外は何もしていません。

体と心の障害が確実に最も早く回復するためには、この治療法のような全身組織が統合的に機能回復する方法が必要です。難病においてはなおさら欠かせないととらえます。

人体構成上最も重要な脳・脊髄と、筋肉骨格系、内臓系、頭蓋骨が完璧に調整されますから、当然各種の障害、難病に対し目覚しい効果を上げることができます。

現在、本院(周気堂治療室)においてはこの半身症候鍼灸を広く世の鍼灸家に紹介するためもあり、この治療法だけを行っています。

気ばり(気針)

気はり(気針)これは金属でない気でつくる針を、1~2箇所刺すものです。当然手も金属も触れないのですから、全く物体が接触した感覚はありません。中学1年生以下の子供、乳児、うつ伏せになれない成人、あるいは犬・猫のペットの治療に使います。効果は全く金属の針と同じです。

気鍼による犬の治療①-R天柱・脳戸2穴

気鍼による犬の治療②-脳戸1穴

律動法(生体律動法調整法)

効果は半身症候鍼灸と全く同じですが、現在、周気堂治療室ではしておりません。分院の信身治療センターでのみ行っています。
腰椎5番の上に軽く手を置く事で律動調整を行い、そのことで全身のあらゆる疾患に対して最高の効果を上げることができます。

透視診断法

透視診断...茂木院長の治療の特徴のひとつに、体内の透視診断があります。全身の体内組織・脳・内臓・骨格の透視診断をします。内臓・骨格・それと特に脳に関する障害の治療、及び全疾患に対して脳・脊髄の中枢レベルから診断・治療する特徴があります。

感染症...ほとんどの体の障害に常在性の全身性感染症がかかわり、時に急性に流行する感染症が原因で、全身の関節炎による疼痛が近年増加していますが、これらの大部分が病院医療で診断されず、相手にされていないものばかりです。アトピー、喘息、内臓疾患、難治性の腰痛等多くの体質的あるいは慢性疾患の原因ともなりますが、これらに対しても感染症の診断法により確実な効果を上げています。

各種の関節症から五十肩にいたるまで、X線、MRIで検出できない微細骨折(マイクロフラクチャー)が主因となる事が非常に多いのです。微細骨折の診断法や感染症の診断法は治療家対象のセミナーでも重要なポイントとして指導しています。

脊髄腫瘍...難治性の腰痛、難治性の頚肩腕症候群のほとんどがX線・MRIで診断が不可能な薄い層の脊髄腫瘍がかかわるケースが極めて多いのです。