MENU

電磁波の浄気

パソコン、エアコン、コピー機、テレビ、電子レンジ等の電磁波の人体への影響(電磁ハザード)については、茂木 昭著『気の治療学』で詳しく採り上げています。もちろん市販されている各種の電磁波除去グッズでは全く効果がありません。ここで紹介する方法は確実に除去する方法です。

電磁波除去グッズは無効

一概に電磁波といっても、人体に有害となっているものが電磁波のうちのなんなのかは、まだ科学的に解明されていません。このような状況で各種のグッズが市販されているわけです。当然効果が皆無であるばかりか、分からないものに対して作用させようと意図するものですから、これまで実験を試みたすべてのグッズの作用自体が人体に障害を与えていた結果も仕方がないと言えます。除去グッズを携帯してきた人に説明し、実験をすると無効であるうえに、有害性も理解してみな驚きます。
OAエプロンは、実際には全く無効です。たとえ効果があったとしても、胸部、腹部だけ覆うだけでは人体機能上更に大事な脳を収める顔面、頭部はどうするのでしょう。更には周囲のパソコンからの電磁波はどう防ぐのでしょうか?
電磁波除去用のOAフィルターにしても、前に説明したとおり電気学的に電磁波をとらえて減少させようとするものですから、私たちのからだに実際に有害磁場として受ける電磁波とは異なっているのです。
それは、実際に自己のからだの感覚で違和感、有害感が消失したことを感じ取れるものでなくてはならないのです。

パソコン

私たちが最も身近に電磁波の有害性を感じているものでしょう。眼精疲労、肩こり、集中力低下、倦怠感などはみな脳の疲労から生じます。脳が実際に弾力が無くなり、血行障害を起こしているのです。このとき脳は萎縮あるいは浮腫状態となっていて、自律神経、ホルモン系の失調も確実に起きています。
浄化後は何時間継続使用しても疲れません。一般的労働をした疲労が起きるだけで、パソコン固有な疲労は全く起きなくなりますので、パソコン作業がきわめて快適に進められます。ディスプレイの色彩も鮮明な画像になります。

コピー機・エアコン・冷蔵庫

コピー機の使用時の障害が、意外と知られていないようです。疲労気味のとき、体調のすぐれないとき、コピーを使用するとからだにこたえるものですし、作動しているとき周囲の人にも影響が及ぶのを自覚できるはずです。 これらの人体への影響は、これまでテレビなどで数々採り上げられているので思い出してください。エアコン、冷蔵庫は長時間作動しているのでこの害も大変大きいものがあります。

テレビ

できたら浄化したいものです。実にきれいな画面になります。何よりも一日の心身の疲れを癒す、貴重なくつろぎの時間にすることができます。もしかしたら、食卓を囲む家族団欒の楽しさが、いつのまにか忘れられてきたのも、テレビの電磁波の影響かも知れません。テレビのなかった時代の、家族での食事はもっと楽しかったとは思いませんか。
以前、自宅の古くなったテレビを、買い換えたときがありました。14インチのものですが浄化していたので、映りには愛着がありました。少し大きいものに取り替えたのですが、電気屋さんが新しいテレビのスイッチを入れながら「やはり新しいものは良いでしょう!」と言いながら隣の部屋の古いテレビの映りと比較しましたところ、古いテレビの映りがあまりにもきれいなのに言葉を無くしたことがありました。

電子レンジ

最近の食品・食事はますます安直なものになってきました。なんでも「チンして食べる」。昔は≪温かいからおいしい≫でよかったのですが、今は、それを見直さなくてはならないのです。冷たいままのご飯と、レンジで暖めたご飯を比較してみると、きっと冷たいレンジを使わなかったご飯がおいしいことに気づくでしょう。科学的栄養分析では分からない、生命を養うエネルギーが破壊されているのです。

携帯電話

心身のエネルギーを乱すものとして将来、最も危惧しているものです。携帯電話については、その有害性を完璧に除去することはできません。