MENU

芸術

特別にからだの異常はないけれど音楽や文芸、美術など芸術分野での感覚や技術、発想等の能力向上、技術上の障害や調整を望む方!その旨おっしゃってください。もちろん、身心の不調で来られている方はこのことを一緒にお話ください。

音楽

楽器演奏、声楽、コーラスなどの、演奏上あるいは発声上の障害や調整の治療。趣味、アマチュア、専門家を問わずお申し出ください。

☆ バイオリン、ピアノ、その他の楽器演奏上の技術面、心理面の種々な問題点に対して、脳、脊髄の人体の中枢組織レベルから原因を追求し、解決していきます。 なぜ、好不調があるのかも解明します。

技術上の諸問題は、手指を使う弦楽器や、鍵盤楽器の演奏では、直接関連しているのは頚神経ですから、頚椎が正常にならなければなりません。ヴァイオリン、ヴィオラのケースでは、弓でE・A・D・G・C線を引くときの左右の腕を支える支点は脊椎のどこかになり、体形上の弱い部位と関連する線の演奏に問題を引き起こします。治療された後、音色が飛躍的に変化します。

☆ 声楽、コーラスでの発声上の障害、不調の状態は、ほとんどが、声帯の障害です。左右の声帯筋、それを動かしている被裂軟骨・靭帯の機能障害です。更にこれを支配する迷走神経である、上喉頭・下喉頭神経の調整をする必要があります。このようなレベルからの診断により治療いたします。

バレエ

クラシック・バレエ、モダンバレエなどでは、本人の気になっている動きの問題点に対し、種々な動作やジャンプのバネ、バランス、からだの切れなどをチェックし、脊椎、骨盤、頭蓋骨、脳・脊髄のレベルから診断し、調整します。

文芸・美術

創作における発想の広がり、集中力が向上します。右脳・左脳の機能状態を完璧に診断し調整をします。創作が停滞しているときの、脳内での状況を精細に調べ、脳機能のより健康かつ正常に是正する調整をします。