MENU

被災された方々お疲れ様です(2011年11月9日)

被災された方々お疲れ様です! 本年は大地震に見まわれ、東北地方の被災された方には何も復興のお手伝いができないことが残念で仕方ありません。 本当に被災地皆さんが必要としているのは、未曾有に復興に向けた強健な体力と気力の復活であるはずです。ただ身体的疲労をマッサージしたり、その類の痛み、コリに針するレベルの医療しか求められないのが被災された皆さんの現実だと思います。せいぜいコリと痛みの部位を施術する鍼灸・手技治療ではないもっと差し迫って必要な強靭な身体、気力を生む高度の施術を皆さんは我々、鍼灸師、手技治療家に要求してください。 鍼灸界は皆さんのほうから要求しない以上、部位的コリ、痛み解消レベルの医療から脱却しません。もっと、治せ、治せと要求してください。そして皆さんのほうからの強い要求によりは国民から信頼される鍼灸を作り上げてください。今回のような災害時にわたしは治療のボランティアに参加することができませんでした。このような高度の治療を求める土壌がないのですから。貢献したくても受入れ体制がないのです。 高度の治療を求めることから、高度の治療に挑戦する治療家が生まれます。国民の方々に、この震災を機にもっともっと役立てる治療を確立するために高度の治療の要求をお願いしたいと思います。先のことでなく、今現在困難に向かい合っている方々を思い忸怩たる思いが募るばかりです。