MENU

治療室について

〇受付けは接客対応をしません

当治療室院長は優しくありません。真剣に治す気のない患者さんには強く叱ります。もし受付で不愉快な対応を感じたときは、すべて院長の意向です。患者さんの多くは、症状、痛みを強調すれば自動的に治るものと騒ぎ立てます。人の説明を聞きません。症状に対して原因を推理、診断して初めて治せるのですが、症状を強調するだけで診断させません。

近年、医療においてお客様扱いをされないと不満を抱く人が増え、病院、鍼灸院でも「患者」を「患者様」と呼ぶようになりました。それが医療でしょうか?自身の病気はお客様としてサービスを受けるための取引商品ではないのです?当治療室は患者さんをお客様とは言いません。自分をお客様扱いされたい方はお引取りください。

患者さん側の治療に対する謙虚な受入れ体制ができてなければ、治すことができません。これが当治療室の治療理念です。病気、障害は、これまでの自身の身体、生命を見直し、正しい心身のあり方を学ぶ貴重な場です。

〇受付けの対応について

もし、受付けの初診時の対応に不満があるときは、99%患者さんの治療を受ける姿勢に問題があります。病者、痛みを持つ人がなぜ、そんなに傲慢になるほど偉いのですか?近年、説明をしても返事さえしない非礼な患者が横行しています。小学生患者さんの方がみな礼儀正しいのです。

病気、障害を治すのは、治療家の力ではありません。あなた自身の治癒力が治すのです。その治癒力を100%発揮できるように探求するのが治療家の役目です。治療の主体は患者さんですから協力する気のない人を、なぜ治療家が治さなくてはならないのですか?ここは真剣に協力し合って、治すところです。治るかどうかはあなたの対応次第です。


周気堂治療室(本院)、新横浜はりセンター(分院)は共に、半身症候鍼灸と律動法の創始者が院長をしております。

※院長は周気堂治療室(本院)で診療をおこなっています。
現在、本院では半身症候鍼灸のみ、
分院では半身症候鍼灸または律動法で治療しています。

診療をご希望の方は、「診療をご希望の方」をご覧になった後、御来院ください。

律動法、半身症候鍼灸についての詳細は以下をご覧ください。

半身症候鍼灸研究会(外部リンク)へ
律動法研究会(外部リンク)へ

似顔絵 お問い合わせはこちら

このページのトップへ

本院 周気堂治療室 開設:昭和56年

住所:神奈川県横浜市港北区高田東1-24-1 地図
TEL:045-531-2716

↑周気堂治療室外観

↑治療風景

↑治療風景

↑犬の治療風景

↑待合室

↑待合室

分院 信身治療センター ⇒ H29 1月より新横浜はりセンターへ移転

住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-3 地図
TEL:045(595)9994

↑治療風景

↑治療風景

↑外観

↑待合室